QVOD TIBI HOC ALTERI

Das ist ein Tagebuch...

第三の願い(2)

 物質主義における妄想は、利己心をもたらします。つまり、「自分の利益だけに関心を持つ」ことを意味します。それは、私たちの精神的な汚れ(煩悩)に餌を与えることになります。汚れた心は餌を与えるように泣きつきますが、純粋で清浄な心は餌を必要としません。心が存続するために必要なのものは、ほんの少しの些細な精神的要素だけです。それだけです。しかし、それがkilesa(精神的な汚れ)の問題であるとすれば、心は餌、より多くの餌、そしてさらに多くの餌、無限の餌を必要とするでしょう。したがって、物質の「美味しい味」は、私たちの汚れた欲望に栄養を与えますが、この渇愛は、心の中で感じられるものです。したがって、心自体は、純粋な心である特定の部分と、煩悩(精神的な汚れ)に属し、残りの心を覆う別の部分に分けられます。私たちの多くは、(心を)区別する方法を知りません。したがって、私たちは愛着の感覚にとらわれたり、執着したりして、極端に惑わされます。物質主義への狂気の耽溺を止め、節約し、無意味な物の消費を減らす時が来たと警告したり、説得したりする人は誰もいません。まさにそうするように私たちに言う人は、誰もいません。しかし、全世界が物質主義で溢れるまで、ますます増大する物質主義的傾向の追求を奨励する、多くの人がいます。

 

 学術分野では、物質的な事柄についてのみ、研究が行われています。発明や生産研究の分野は、物質的なものでもあります。したがって、物質が世界を支配しており、この状況の責任を誰が負うのかはわかりません。神に責任を負わせたとしても、神がどこにいるのか正確にはわかりません。私たちは神について話すだけですが、神がどこにいるのかは本当にわかりません。ですから、神よりも物質主義を崇拝する人々は、このように神に背を向けています。宗教の聖典の文言は無力になるか、重要ではなくなります。誰もそれらを信じず、誰もそれらを気にしません。物質主義には利点があり、それが今や世界中を支配するほど広く普及しています。

 

物質主義は、世界を食べること、官能性、そして名誉で煮込みます

 

 さて、周りを見て、次のことに関して考えてみてください。物質的なものの進歩から何が得られますか?そして、私たちは何を失いますか?答えは、私たちが最も迷わされる性質の夢中になれる楽しみに耽溺し、その結果、私たちの本当の心の安らぎを失うということです。これで交換が行われます。私たちが物質的なものから多くの快適さ、便利さ、そして娯楽を得るのは事実ですが、それは心を乱すものです。それは結局私たちを苛立たせ、そしてすべての安穏を失います。世界は本当に熱くなり、燃え上がりますが、それは紙を燃やす炎ではなく、私たちの心の奥底を燃やす炎です。それは心と魂の火です。いわゆる物質主義の力で何ができるかを見てください。それは私たちの心の中の炎、耐えられないほど熱い炎を燃え上らせることができます。

 

 特別に考慮して、私は三つの単語を選択しました:「食べる」、「官能性」、「名誉」。この食べることの問題は、すべて「美味しい味」の問題であり、食物だけでない「美味しい」問題でもあります。それはあらゆる種類の「餌」の「味」を味わい、私たちが食べるか、あるいは「夢中になる」のを待っています。

 

 精神的、心的な側面はさておき、自然に従って、私たちの身体は、生存するために一定量の食物しか必要としません。これは、餌を食べるのではなく、文字通りの意味で食物を摂取することを指します。しかし、精神的な汚れ(煩悩)、渇愛、欲望ーまたはあなたがそう呼びたいと思うものは何でもーは、この種の食物を摂取しません。それらは神経系の強い感覚を刺激できる、餌を貪り食うことを望んでいます。このように、食べることにはニ種類あります。身体は文字通りの意味で食物を摂取する必要があり、心はその欲求とともに、官能的な感覚を満足させ強化する餌を摂取する必要があります。

 

 (まったく別の事柄であるkamma<業>ではない)kāma、あるいは官能性に関するこの問題は、純粋な生殖とは異なる問題になっています。自然は、純粋に生物学的な理由、つまり、種が絶滅しないように、種の存続を確実にするために、生殖を指示します。しかし、今日の人間は、種の存続のための生殖行為に満足していません。

 

 彼らは性的な餌を消費する喜びを求め、ますます激しさを増して性的快楽(カーマ)に耽ります。生殖を望ましくなく嫌悪すべきものと見なす人もいますが、それでもほとんどの人は、避妊の実施を必要とするカーマの影響下にあります。

 

 今、私たちは、「名誉」という言葉に行き着きます。「名誉」は、心と意識に関連する無形の問題だけではありません。それは、物質的な利益を求めるために、それを使用するために人々が持っていたい道具です。一般的に、名誉や地位を持っている人々は、他の物質的な利益を求めるためにのみ、使用されなければならない名誉を保持します。それは名誉のためだけの名誉ではなく、自分自身や関係者に直接または間接的に利益や利得をもたらす、あらゆる物質を「掃き寄せる」する力を意味する、一種の「名誉」です。振り返ってみると、私たちは実際に、食べること、官能性、名誉の問題に関して多くの問題を抱えていると結論付けることができます。

 

物質主義は大きな問題です

 

 誰もが多かれ少なかれ物質主義の奴隷になっている今、私たちは何をすべきでしょうか?多くの人が自分たちの宗教の核心を理解できないのは、物質主義に没頭しすぎているからです。彼らは、それら物質的なものの「美味しい味」(そして官能的な喜びも)を手に入れるのに没頭しているので、相互の宗教的理解に向けて真剣に努力することを全く気にしていません。宗教間の相互理解ができたとしても、全世界の共同体のすべての構成員が、物質主義の奴隷になっているという問題が残されています。したがって、結局のところ、この問題に対処する必要があります。

 

 さて、次の問題について考えてみてください。仏法の普及、つまり真に正しい種類の宗教的教えの流布は、手ごわい仕事であり、最近ではかなり惨めに失敗しています。任務を妨害し阻害する障害は何でしょうか?表面的には、取るに足らない様々な原因が見えてきますが、より深い綿密な調査により、敵の真の特性である物質主義が明らかになります。物質主義は、世界中のほとんどの人々の心を強く掌握しています。その影響は非常に大きいので、人々は単に物質的な事物、官能的な快適さや喜びの追求に夢中になり、宗教や法に興味を持つことを気にかけることができなくなります。したがって、この物質主義の「怪物」を退治することができなければ、世界は終わりのない、絶え間なく増大する苦しみの中で生きることに耐えなければならないでしょう。世界が物質主義から脱却することができれば、平和と幸福がありますが、今となっては物質主義を取り除くことは不可能なようです。物質主義は人間の精神的発達にとって不健全であるという認識にもかかわらず、皮肉なことに、人々は依然として物質主義に非常に惹かれています。それは、他のどの事物よりも多くの人の心を捉えることができます。それは私たちのほとんどすべての心と魂を掌握し、この世界を物質的な事物の「美味しい味」に夢中にさせます。

 

 仏法や宗教を広めたい人にとって、物質主義がもたらす問題を識別できなければならないことが最も重要です。物質主義は、宗教の普及と将来の永続的な平和への希望に対する、最も現実的で有害な障害です。したがって、皆さんはこの問題を熟考する必要があります。

 

(続く)

 

 三回目のワクチン接種を受けたら、副反応が思いの外酷くて寝込んでしまった。とても英語を読む気にもならないが、とりあえず掲載してみる。